人仕事通信
 >  >  ~暮らしの土台を守る~ 高い技術と経験を生かし、地域社会の発展に貢献。

~暮らしの土台を守る~ 高い技術と経験を生かし、地域社会の発展に貢献。

『八木山動物公園オフィシャルサポーター』や『広瀬川の万人プロジェクト』など地元に多く貢献しているダイワ技術サービス。
【東北のICT計測のパイオニア、新しい創造が出来る企業、垣根の無いパートナー企業】を目標にしている仲間が集まっています。
そんな中で、入社45年と入社22年のスタッフの方にインタビュをしてきました。

昭和60年の創業以来、社会資本整備の一翼を担うべく、技術の研鑽に取り組んでまいりました

ICT計測分野では、「東北のパイオニア企業」として最先端の技術と機材を有しております。本年は新たな計測機器を導入する予定であり、お客様の要望に対し、更に幅広く対応できるものと考えています。これまでは、測量・地質調査に特化した会社でありましたが、多様化するニーズに対応すべく、「設計部門」の強化を図りながら、企業間連携も進め、真の『総合建設コンサルタント』として発展するよう取り組んでいます。健全な企業経営のもと、「優秀な人材の育成」と「働きやすい職場環境づくり」に努め、社員一人一人がやりがいと希望を持って働ける企業を目指し、真の顧客である国民の皆様に『安全・安心』を提供できる企業として努力しています。

「地元に貢献している…」自分たちがそう感じる事ができることが誇りです

大学卒業後「土木設計をやりたい」と思い、建設コンサルタント関係の会社の道に進みました。
気づけば入社後22年がたっており、自分自身も驚いています。
私たちの仕事は、「地元」に貢献できる仕事です。例えば平成23年3月11日の東日本大震災・・・・。あの大震災後、山元町の常磐線跡地への県道設計や仙台市の宅地災害復旧事業など多くの災害復旧事業に携わることが出来ました。
他にも、ここ数年増加している自然災害への対応業務など誇りを持てる仕事です。
また、設計部門3名は『国家資格(技術士)』や『民間資格(RCCM)』を取得しているので、入社される方には、ステップアップしやすい環境が整っています。皆さんにも『地元に貢献できる楽しさと喜び』を是非知ってもらいたいと思います。

黒と白の四角い模様は、測量機械の較正に必要な「基準点」です。

忘年会・月1回飲み会・年1回表彰式もある楽しい職場です。