人仕事通信
 >  >  『走るのはほぼ若林区だけ!』弊社は若林区民の方々の日常的な交通手段です

『走るのはほぼ若林区だけ!』弊社は若林区民の方々の日常的な交通手段です

これまでの先輩乗務員の皆さんが築き上げてくれた地域に密着したサービス展開のおかげで、仙台市若林区にお得意様が非常に多いので事務所に配車依頼の電話が沢山かかってきます。そうすると運転中の乗務員へ連絡がいきます。その連絡を受け目的地に向うとそこにはお客様が待っている。という流れがメインとなります。よくあることですがお客様を降ろした直後に『トントン!空いてますか?』なんてことも。乗務員の先輩たちは暇疲れしない適度な忙しさがいい!と言っています。そんな風にしてエンジョイしながら日々乗務しています。

アパレル業界・飲食業界などなどから、男性・女性、様々な先輩が結構楽しく働いていますよ!

アパレル業界出身の先輩に聞きました『入社して分かったことは?』…私はアパレル業界で接客~店舗管理の責任者をしていましたがそのときの経験や感覚が非常に役立っています。一番大きな異なるポイントは店舗であった職場が車内になったこと。そして、お客様との一期一会の出会いがとても多くなったこと。前職の当時は店舗にいらっしゃる常連のお客様と数分~数時間一緒に商品をチョイスすることなどがありました。でもタクシーの場合はそこが異なります。仙台市内での乗務がほとんどですから、お客様との時間は店舗でのそれよりも格段に短いです。一回一回の時間やお付き合いが圧縮された瞬間の積み重ねですね。それも充実して仕事に取り組める要因でもあります。そして入社して初めて分かったことのもう一つは、考えていたより社内にはサポートしてくれる人がいるということ。タクシーは、稼ぎたい人は沢山運転して、そうでない人はそれなりに運転して結局個人としての仕事というイメージでした。でも、社長や管理職の方、配車担当の方などと一緒にチームとして仕事をしている感覚です。これは一般的なお店や企業で働くのとそんなに変わらない感覚だと思います。特に、入社したばかりの頃の教習研修では自家用車の運転だけは気が付かないことなども教えてもらいました。

異なる業界での経験が活かせるのもタクシー乗務員なんです。

フードサービス業界出身の先輩に聞きました『夜に乗務するメリット』…私の場合、たくさん稼ぎたいので夜の勤務を中心に乗務の希望を出しています。そうすると、昼にご利用いただくお客様よりも長い距離を乗っていただくケースが多く、それが稼げるポイントになるんです。転職した理由は、元々タクシーに興味があり、そんなとき弊社の募集を見つけ説明を聞きました。なぜタクシーに興味があったかと言うと、フードサービス業界にいた頃経験したことが活かせるのでは?と思っていたからです。もちろん居酒屋での勤務経験もありましたし、その当時は酔っ払ったお客様を接客するのは日常的でした。だから夜にそういったお客様がご乗車されたときでも、話し相手になって気持ち良くご乗車いただける環境作りができると考えたんです。そして何よりこれまでのフードサービス業界で夜に働いていた生活リズムや体のリズムがより稼げる夜の乗務にピッタリだったんです。そこが弊社を選んだ一番の決め手にもなりました。私は2016年9月入社で現在に至りますが、スタートから3ヶ月は道も分からずで、乗務中はほとんどカーナビ頼りでしたね。でもその後は少しずつ道も覚えられ、それと一緒に少しずつ自信がついてきました。だから、最初の3ヶ月を一段落として考えスタートしてみてください。きっと大丈夫ですよ!

『安心の固定給制タクシードライバー』まずは一度、話を聞きにお気軽にご来社ください。

弊社のポイントは固定給とフレキシブルな勤務形態です。転職者のほとんどが固定の月給制だということを決め手に入社します。前職とほとんど変わらない額の給与を安定してもらえるのはやはり魅力のようです。皆さん『タクシー=完全歩合』で、最初は保障があるけれど数ヵ月後には自分の結果がそのまま給与になるとイメージから、転職する職種の選択には入らないことが多いようです。やっぱり歩合制は不安ですもんね。でも、弊社の募集内容を見た方々は『えっ?』っといなるようです。そこから気になって詳しく話を聞いてみたい!となり、実際に採用担当者からの話を聞いてみると、今度は勤務時間に関しても勘違いしていることを知るようですね。夜通し走り続けたり、寝ないで運転したり、そんなイメージがあるようですが、そうではないんです。様々な勤務シフトが組めますし普通のサラリーマンのように日中乗務して、帰宅後そのまま自宅でビールを一杯!なんていう生活もできます。給料がもっと欲しいから夜をメインに乗務したいなど目的や自分の考えを反映させた様々な働き方が可能です。あなたの理想の働き方を一緒に見つけることができます!

ご協力、ありがとうございました!
株式会社キュットライフ 乗務員