株式会社チソー食房〈杜の都 五橋横丁〉の大山文郁さん

  • この記事をシェアする

―お客様とスタッフとの出会いが私の宝物―

今の仕事に就いたきっかけを教えてください。

私とチソー食房の出会いは、大学生時代のアルバイトでした。接客業(ホール係)を経験したおかげで、多くの人との出会いやコミュニケーションを重ねることの楽しさや素晴らしさに魅力を感じるようになりました。また、学生の頃の夢は「教員免許を取って、小学校の先生になること」でしたが、就職活動の際は、教員への道はもちろん、飲食業・サービス業への道も考えました。自分が一番正直に働ける場所、自然体で働ける場所はどこだろうと考えた結果、仕事を通して新しい自分を発見させてもらえたチソー食房で、接客のプロを目指すことが自分の夢だと気づき、学校卒業後に新卒入社として新たに門を叩きました。

仕事を通して得たやりがいや、喜びを教えてください。

お客様からの声が嬉しいですね。そして、常連さんはもちろん、来店するために仙台に来て下さるお客様など、様々なお客様との出会いも嬉しいです。また、自分の名前を覚えて頂いたり、アイコンタクトでお客様の気持ちが理解できた時なども嬉しいですね。接客で心掛けていることは、笑顔と丁寧な対応、そしてお客様を心配することです。心配という漢字は『心を配る』と書きますが、お客様に対して「寒くはないか暑くはないか、お酒は足りてるか、料理を出すタイミングはどうか、お店で過ごす時間を楽しんで頂けているか」など、常に心を配っています。

これから働こうと思っている女性に向けてメッセージをお願いします!

未経験でも問題ありません。お客様へのサービスは笑顔と元気な挨拶ができればOKです。当社は、社員・アルバイト関係なく、みんなで協力してお店づくりをしているので風通しが良いのが自慢です。まずは「飲食の仕事は初めてだから自信がない・・・」といった先入観は気にせずに飛び込んできて欲しいです。頑張るアナタをスタッフ一丸となってしっかりとフォローします。

※この記事は、WomanWorkinのスタッフが直接取材に伺い作成したものです。
  • この記事をシェアする