みやぎ生協共同組合共済センターの早坂真亜紗さん

  • この記事をシェアする

今の仕事に就いたきっかけはなんですか?

以前はパン屋で販売の仕事をしていましたが、『もっと人とかかわる仕事をしたい』と考え、接客業を中心に求職活動を行っていました。そんなとき、ワーキンで「みやぎ生活協同組合 共済センター」の求人広告を見かけました。勤務時間や働いている方々の写真を見て、アットホームな雰囲気に魅力を感じ、ここで働きたいと応募したのがきっかけです。

仕事を通して得たやりがいや、喜びを教えてください。

自分自身、コープ共済がお客様にとってとても良いものだと思っています。お客様に共済の良さをしっかりとお伝えし、納得をしていただいた上でご加入いただけたときには、とてもやりがいを感じます。また、お客様が買い物にいらしたときに、声を掛けていただいたり頼りにされることもとてもうれしいです。

仕事をしていて大変なところはありますか?

働きはじめた頃は、お客様にお声掛けし案内することが大変でした。しかし、仕事をしていくうちに自信がついて、自分の案内方法を見つけ出すことで、楽しく仕事ができるようになりました。

この仕事を通して、自分が成長したところ はありますか?

保障のことをあまり知らなかったのですが、勤務してからコープ共済や他の共済についても知ることができました。勉強していくなかで、コープ共済の良さを知り、自信を持ってお客様におすすめすることができるようになったことです。

仕事の合間のリフレッシュ方法はありますか?

共済カウンターをひとりで任されているため、休み時間帯を自分で決めることができます。お昼休みや休憩時間を上手く使って、リフレッシュしています。

家事との両立はどのように行っていますか?

勤務時間が10時~18時までと決まっていて残業もほとんどありません。出勤前に家事を済ませることができるので、家事と仕事を両立できてとても助かっています。実は近々結婚の予定があるのですが、この勤務時間のおかげで、今後も仕事を続けようと思っています!

スキルアップのために、行っていることはありますか?

コープ共済のことについて学んで、知識を深める時間を作っています。また、幅広い年代の方がご加入の対象となるので、男女区別なくどの年代の方ともお話ができるように、ニュースなどを見て話題を探したりしています。

今後の目標はありますか?

トークスキルを磨き、様々なお客様とコミュニケーションを取れるようになることです。
また、お客様から今よりもさらに頼ってもらえる人になりたいと思っています。

働く女性に対して、メッセージをお願いします!

仕事を探す際に「自分は何をしたいか」「何ができるか」をイメージすることが大事だと思います。これしかできないと決めつけるのではなく、自分の可能性を広げることが、良い仕事に就き、良い社会人になるための
秘訣だと思います。



※この記事は、WomanWorkinのスタッフが直接取材に伺い作成したものです。
  • この記事をシェアする