株式会社ツクイの上村 亜沙美さん

  • この記事をシェアする

―おばあちゃんに、結婚の報告を一番にしました。『あなたに会うために、今日も来たよ。』の言葉が嬉しくて…―

今の仕事に就いたきっかけを教えてください。

特別養護老人ホームで働いた後、他社デイサービスセンターへ勤務していました。その時、東日本大震災があり閉鎖となり失職しました。祖母の介護をしながら転職活動をして、株式会社ツクイに入社しました。福祉の仕事を目指したのは、幼少時、ある病院で、おじいさんが両手両足を固定された状態で診療を受けていたのを見た時、『そこまでしなくても、もっと寄り添える介護・看護があるんじゃないのかな?』と子供心に感じたのがきっかけでした。

仕事を通して得たやりがいや、喜びを教えてください。

震災直後には、石巻市や気仙沼市などから仙台市に転居されてきたお客さまがいました。いろいろな状況がある中で、私なりに精一杯の介護をさせて頂きました。その中で、90歳のおばあちゃんから『震災があって故郷から離れて、もう死んでもいいかなぁ。。と思っていたけど、あなたに出会えて、生きる希望というか、生きがいができたよ。』と言って頂き、涙が止まりませんでした。そのおばあちゃんから『結婚はまだ?早くいい人見つけなさいよ!』なんて冷やかされていましたが、今年8月に結婚報告を一番にする事が出来ました。

これから働こうと思っている女性に向けてメッセージをお願いします!

私は、以前、個人経営の施設で働いていましたが、株式会社ツクイに入社して、会社規模などからくる信頼度の違いをすごく感じました。福利厚生も充実しているし、働く環境もしっかりしているから、本当に力を入れたい介護・介助の仕事に集中できるんです。当社は、未経験の方でもしっかり働けますし、資格取得の費用も会社負担でバックアップしてくれます。『人を支えるという事は、人に支えてもらう事と同じ』だと思います。あなたも、ツクイに関わる人と『支えあう』仲間になりませんか!?

※この記事は、WomanWorkinのスタッフが直接取材に伺い作成したものです。
  • この記事をシェアする