平和交通株式会社の鈴木和恵さん(左)と平泉由可理さん(右)

  • この記事をシェアする

今の仕事に就いたきっかけを教えてください。

平泉さん/実は私、平和交通で第一号の女性ドライバーなんです。知り合いに平和交通の方がいて「運転好きならドライバーやってみる?」と言われたのがきっかけです。イメージ的にもやってやれない事はないかなと思って挑戦しました! 鈴木さん/前職は事務の仕事をしていたので事務でお仕事を探していました。当時、事務員の正社員が非常に狭き門だったので女性のサポートが充実している平和交通に応募したのがきっかけです。

仕事を通して得たやりがいや、喜びを教えてください。

平泉さん/私は結婚、出産を機に一度退職し、その後復職しました。子どもが当時3歳位だったのですが融通を効かせてもらって働いていました。仕事のやりがいは女性の方がいいね!と言ってもらえた時はやっぱりうれしいです。 鈴木さん/日勤なので利用されるお客様が高齢の方が多いんです。本当にタクシーが必要でご乗車頂いているので手助けをして「ありがとう」と言ってもらった時なんかはとても大きなやりがいを感じます。

これから働こうと思っている女性に向けてメッセージをお願いします!

平泉さん/一歩踏み出すと変わると思いますね!やってみる?と言われて始めた私も最初はすごく緊張しました。ただ、入ってみるとそうでもないなっていう感じですよ(笑) 鈴木さん/この仕事で特別つらいなぁと思った事はありません。時期的にたまにくる暇なときは少しつらいですが…(笑)今は思い切ってこの仕事に挑戦して良かったと思っています!頭で考え過ぎず行動してみるのもアリですね♪

※この記事は、WomanWorkinのスタッフが直接取材に伺い作成したものです。
  • この記事をシェアする