アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 建築士の仕事内容とは?目指し方や自分に向いているのかもご紹介

建築士の仕事内容とは?目指し方や自分に向いているのかもご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • シェア:

建築士の仕事に興味を持っている人は、仕事内容や目指し方などが気になるでしょう。建物の設計をするという漠然としたイメージは持っていても、具体的な仕事内容は分からないという人も多いです。

また建築士には資格制度があるため、建築士になりたい人の多くは、資格取得を目指すことになるでしょう。ここでは建築士の仕事内容と資格取得の方法について紹介していきます。

建築士の仕事内容の種類

建築士の仕事は設計と工事監理の2つに大きく分けられます。その具体的な内容について見ていきましょう。

設計

設計の仕事は顧客からヒアリングをするところから始めます。顧客と対面して話をしながら、必要な情報を聞き出さなければなりません。顧客がどのような建物を望んでいるのか分かったら、予算や法規制などを考慮して、実現可能かどうかチェックします。

顧客が希望する条件の建物を作るのが難しい場合には、予算内に収めさせ、法規制に合致するような形で、すり合わせを行わなければなりません。

すり合わせが上手くいき、おおよそのイメージが固まったら、図面の作成にとりかかります。建築の仕事と聞いて多くの人がイメージするのはこの部分でしょう。

図面は設備設計と構造設計、意匠設計に分けることができます。

設備設計は、建物に付属する設備に関する設計です。建物の用途を考慮して行わなければなりません。

構造設計というのは、柱や梁、階段などに関する設計です。建物全体が崩れることなく、安全を保てるようにして、構造計算を行います。建築の仕事の中でも専門知識が要求される部分です。

そして意匠設計は、建物の外観や間取りなどを指します。顧客に見せるときには、図面だけでなく、模型を作ることも多いです。

工事監理

設計が終わり、顧客からOKがもらえれば、工事が開始されて建物ができあがっていきます。このときに、建築士は現場にも足を運んで、工事の様子をチェックしなければなりません。これが工事監理という仕事です。自分が作成した設計図の通りに工事が行われているかどうかの確認を行います。

また、建築物を作る際には、あらかじめ工期が定められているのが一般的です。工期までに顧客に建物を引き渡せるよう、計画を立てて工事が行われます。もし予定通りに工事が進まなければ、工期までに建物を完成させるのが難しくなるでしょう。

そのため、工事の進捗状況のチェックも行います。この際に現場監督と打ち合わせや情報交換などをすることも多いです。実際に作業を行っている職人と話をする機会もあります。

現場の状況を見て、設計に関する不具合が見つかることもあるでしょう。図面だけでは気づかなくても、現場で工事をしてから判明する不具合も多いです。そのような場合には設計に修正を加えることもあります。

そして、問題なく建物が完成したら、顧客に引き渡すという流れです。引き渡しの際に、設計書通りにできているかどうかの確認なども行います。

建築士になるには

建築士になるためには、資格を取得することが必須です。資格は、木造建築士と二級建築士、一級建築士の3種類あります。それぞれの建築士の資格について、取得方法を詳しく見ていきましょう。

木造建築士・二級建築士

木造建築士は、木造住宅の設計を行うための資格です。設計可能な建物は、2階建てまでの木造の建物で、延べ床面積が100平方メートル超300平方メートル以下の建物に限られます。木造以外の住宅や、ビルなどの大きな建物の設計は行えません。3種類の建築士資格の中では、もっとも設計可能な範囲が狭く、その分だけ取得しやすい資格です。

木造建築士の資格を取得するには、試験を受けて合格しなければなりません。ただし、試験には学歴と実務経験による受験資格が設けられています。

四年制大学の建築学科を卒業している人は、実務経験なしで受験可能です。建築系の学科の高校を卒業している人なら、3年以上の実務経験で受験資格が得られます。また、どんな学歴の人でも7年以上の実務経験があれば受験可能になります。

二級建築士は木造建築士よりも設計可能な範囲が広く、一般の住宅であればほとんど設計可能です。受験資格は木造建築士と同じですが、試験の難易度は木造建築士よりもやや高くなります。

ただ、それでも一級建築士よりは取得しやすい資格です。住宅の建築に携わりたい人は、二級建築士取得を目指すといいでしょう。二級建築士を取得してから一級建築士にステップアップするという道もあります。

一級建築士

一級建築士は建築士の資格の中で、もっとも難易度が高い資格です。設計可能な範囲も広く、オフィスビルや商業施設など大きな建物も設計できます。

一級建築士の資格を得るには、四年制大学の建築学科を卒業してから、2年以上の実務経験を経なければなりません。短期大学で建築学を学んだ場合には、卒業後3~4年の実務経験が必要です。

また、二級建築士を取得済みの人は、その後に4年の実務経験を経れば一級建築士の受験資格が得られます。そのため、一級建築士の資格を取りたいのであれば、まずは二級建築士の資格を取るのがおすすめです。

二級建築士の資格を取得せずに最初から一級建築士の資格を取得しようとすると、大学で学ぶ期間と実務経験の期間を合わせて6年かかってしまいます。

建築士に向いている人

建築士は創造性や提案力が問われる仕事です。建物を建てる場所は毎回異なるため、敷地の条件や周囲の環境に合わせて設計しなければなりません。空間をイメージしながら、住みやすい間取りや構造などを考える能力が求められます。

建物は住みやすさに加えて外観も重視されるため、デザインについての知識も必要です。

提案力は、顧客に対して自分の案を説明し、納得を得るために必要な能力です。予算や条件などの都合上、顧客の要求を全て実現するのが難しく、多少は妥協しなければならない場面もあります。そのようなときに、提案力がないと顧客がなかなか納得してくれないでしょう。

そして、何よりも建築が好きという人は、建築士に向いています。いくら創造力や提案力に優れた人でも、建築が好きでなければ、建築士としてすばらしい仕事はできないでしょう。逆に、創造力や提案力にあまり自信のない人でも、建築の仕事に就きたいという思いが強ければ、自然とスキルも磨かれていくことが多いです。

まとめ

建築士は建物の設計に加えて、顧客との折衝や工事監理などの仕事も行わなければなりません。創造力や提案力が求められる仕事です。

建築士の仕事に就くにはまずは資格取得を目指しましょう。これから大学に進学する人は、建築関係の学部学科を選べば有利になります。既に社会人になっている人であれば、実務経験を積むことで、二級建築士の受験資格が得られます。建築の仕事に興味のある人は、ぜひ資格を取得して、魅力的な建物を設計してみてください。

また、実際にこれから建築関連の仕事に就こうと検討されている方は、ぜひWorkin(https://workin.jp/)をご利用ください。東北・北陸エリアを中心に、建築に関する求人を豊富に取り揃えています。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop