アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣の業務内容って?規定外の業務を強いられたときの対処法もご紹介

派遣の業務内容って?規定外の業務を強いられたときの対処法もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • シェア:

派遣の仕事を始めようかと検討している人は、派遣の業務内容について知っておくといいでしょう。派遣の具体的な業務内容は、あらかじめ契約で決められています。もし規定外の業務を依頼されたとしても、引き受ける義務はありません。

ここでは派遣の業務内容の範囲と、規定外の仕事を頼まれたときの対処法について解説していきます。

派遣の具体的な業務内容って?

派遣の具体的な職種は多岐にわたりますが、その中でも主な職種について見ていきましょう。

派遣先によって業務内容はさまざま

派遣の職種は事務職などの内勤業務が比較的多く、一般事務や営業事務、秘書、コールセンターなどが挙げられます。

一般事務は、会社の内勤業務全般について担当する仕事です。書類や請求書の作成、ファイリング業務、データ入力などを行います。デスクワーク中心ですが、電話対応や来客対応などを行うこともあるため、コミュニケーション能力もある程度は必要です。

営業事務は、営業職のサポートとして、資料作成や電話対応などを行います。一般事務と共通する面もありますが、一般事務より社外の人と接する機会が多いです。

秘書は、上司のスケジュール管理や資料作成などを行います。営業事務と同様にサポート的な業務ですが、自主性が求められる場面も多いです。コミュニケーション能力やビジネスマナーも他の職種以上に求められるでしょう。

その他にも、派遣には専門的な知識を扱う仕事があります。医療や介護、IT系などが専門的な職種として挙げられ、事務職とは異なり、担当する業務の幅がはっきりしています。

派遣は、基本的に契約で定められた業務内容の範囲内でしか働けません。IT系の職種なら、IT系の業務のみに従事することになります。

就業前に業務内容を必ず確認しよう

派遣先が決まれば、派遣会社と雇用契約を締結します。その際には、必ず契約書を作成するのが一般的です。そして、契約書に記載すべき事項のひとつとして、従事する業務内容が挙げられます。契約書に押印する際には、業務内容の記載があるかどうか、必ず確認しておきましょう。

業務内容に関しては、口頭でも充分に説明されるため、それで大丈夫だと思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、口頭だけだと、後で言ったのか言わなかったのかはっきりせず、トラブルに発展してしまうおそれがあります。トラブル防止の意味でも、契約書には業務内容を記載しなければなりません。

口頭での説明と、契約書に記載された業務内容に相違がないかどうかの確認もしておく必要があります。もし口頭で説明されたときと異なる業務内容が記載されていた場合には、説明を求めましょう。そのまま契約を締結してしまうと、契約書記載の業務に従事する義務を負うことになります。

派遣でも規定外の業務を頼まれることはある?

派遣として働く際には、契約で規定された業務以外の仕事をする必要はありません。しかし、派遣先によっては規定外の仕事を頼まれることもあります。そのような場合にはどうすればいいのか見ていきましょう。

業務内容は最初の契約で決められている

派遣先の社員は派遣に対して、どんな仕事でも頼めるわけではありません。契約であらかじめ規定されている業務以外は、基本的に頼めないことになっています。

例えば、一般事務として契約を締結し、業務内容に経理が含まれていなければ、経理の業務を頼むことはできません。正社員であれば、自分の職種と違う業務であれ、上司から頼まれたら引き受けるでしょう。しかし、派遣の場合は、あくまで最初に契約で決めた業務のみに従事します。

もし頼まれた仕事の内容に疑問を感じたら、規定の範囲内なのかきちんと確認しましょう。手が空いていれば、信頼関係で規定外の業務を引き受けることもありますが、基本的に規定外の仕事は断っても問題ありません。

また、派遣先が忙しい場合には、派遣でも残業を頼まれることがあるでしょう。残業に関しても、あらかじめ契約で規定されています。残業なしと規定されていれば、派遣側から断ることができます。一方で、残業がある場合には、1日単位や1ヶ月単位などで上限が規定されています。その上限の範囲内であれば、対応しなければなりませんが、上限を超える分に関しては契約の規定を理由に断れます。

基本的には提示された条件に合わせて断る

派遣として働く人の中には、担当する業務の範囲がはっきりしていることを理由に、派遣という働き方を選ぶ人もいるでしょう。残業がなかったり、少なかったりという理由で、正社員ではなく派遣を選ぶ人も多いです。派遣は、安定性や昇給などの面で正社員とは条件が異なります。

そのため、派遣先が忙しそうだからといって、正社員と同じように規定外の仕事まで行う必要はありません。派遣先もそのことを承知の上で派遣を利用しています。

もし、業務内容以上のことを提示された場合には、契約書記載の条件を確認した上で断るのが最適です。特に規定外の業務を行っていて大きなミスがあった場合には、派遣元企業との関係でもかなり面倒なことになってしまいます。

残業に関しても規定を超える分に関しては断りましょう。派遣の給与を支払うのは派遣元企業であるため、規定を超えた残業があると、派遣元企業は想定外の残業代を支払うことになります。自分だけの問題ではないという点に留意しておきましょう。ただ、空気的に断りづらい場合もあり、難しいところです。

業務内容以上のことを押し付けられたら

業務内容以上のことを頼まれ、断ろうとしても強引に押し付けられる場合には、派遣会社に相談しましょう。派遣会社が、契約時の内容や実際に行った業務などの事実確認を行った上で、派遣先へ抗議してくれます。

そこで派遣先から、規定外の業務を命じた社員に注意が行くので、改善されるでしょう。派遣先では、派遣会社とは良好な関係を保って行きたいと考えるところが多く、抗議されればたいていは応じてくれます。

ただし、派遣会社が抗議してくれなかったり、抗議をしても派遣先が適切に対応してくれなかったりすることもあるかもしれません。そのような場合には、日本人材派遣協会が設置している専用窓口に相談してみましょう。規定外の業務を命じられるなどのトラブルの他に、残業代の未払いなどに関しても相談を受け付けています。

まとめ

派遣として従事できる業務内容は、契約で規定されている範囲内にとどまります。規定外の業務を行う義務はないため、依頼を断っても問題ありません。残業に関しても、契約で定める上限を超える場合には、勇気を出して断りましょう。

そして、働き始める前には必ず契約書を確認し、どの範囲まで対応しなければならないのか、しっかりと把握しておくことが大切です。

Workin(https://workin.jp/)では、派遣で働ける求人を多く取り扱っています。自分の好みに合わせたこだわり条件などから検索できるなど、検索機能も充実しているので、自分に合った条件で派遣の仕事を探してみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop