アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 初めて派遣で働く方必見!登録の流れから初日の振る舞いまで徹底解説!

初めて派遣で働く方必見!登録の流れから初日の振る舞いまで徹底解説!

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • シェア:

派遣で働くことに興味があっても、未経験だと仕組みが分からなくて不安を感じてしまうかもしれません。そこで、初めてでも安心して働けるように登録から実際に働き始めるまで、どのような流れなのか解説します。

初めての派遣登録の流れ

正社員や契約社員、バイトなど、企業で働くときは企業と雇用契約を結ぶのが一般的です。一方、派遣は派遣会社と雇用契約を結び、実際に働いたり業務の指示を受けたりするのは派遣先の企業という違いがあります。

企業と雇用契約を結んでいるわけではないので、異動や転勤、部署異動はなく、自分の希望する時間やエリア、業務内容で働けるのがメリットです。経験やスキルを活かせる仕事に就くこともできます。所定労働時間や勤務日数、雇用期間など一定の条件を満たせば、社会保険や雇用保険に加入したり、有給休暇を取得したりするのも可能です。

派遣で働きたいときは、まず派遣会社に登録をしなければいけません。登録の方法は直接派遣会社を訪問して面接を受けたり、電話やインターネット上で行ったりするなど様々です。

前者の場合は、その場で担当者から丁寧な説明を受けられますし、後者の場合でも氏名や住所といった個人情報や希望の条件を入力するだけなので、難しくはないでしょう。ほとんどの派遣会社で年齢や経験の有無を問わず、登録できます。

ただし、登録しただけでは派遣会社との雇用関係は発生していません。その後、仕事を紹介されて引き受けた時点で雇用契約が成立します。もちろん、紹介された仕事が希望に合わなければ断っても構いません。

派遣会社を選ぶときのポイント

派遣会社は大手から中小まで、全国に数多く存在します。それぞれにシステムやサポート体制が異なり、得意とする業種や職種も様々です。派遣会社と関わる機会は数多くありますから、派遣として長く働きたいのであれば、自分に合った派遣会社を選びましょう。

実際に、希望に合わない仕事ばかり紹介したり、派遣先への不満を解消してくれなかったりする派遣会社が存在する場合があります。派遣会社に問題が無くても、担当者のせいでうまくいかないケースも少なくありません。

そこで派遣会社は2社以上登録するのがおすすめです。1社だけでは選ぶ余地がなく、不本意な仕事を引き受けざるを得ない場合もありますが、他の派遣会社からも紹介を受けられれば、こうした事態を避けられます。複数登録は法律で禁止されていないので、派遣会社に気兼ねする必要はありません。

派遣会社の複数登録に関する詳しい情報は、こちらの記事でご確認ください。「派遣会社に複数登録してもOK?メリットと注意点を解説」(№17 派遣 複数登録の記事にリンクを飛ばす)

初めてでも安心して働ける派遣会社の条件

では、どのような派遣会社に登録すれば良いのでしょうか。選ぶ基準を確認しましょう。

大手派遣会社なら安心

全国に展開している大手の派遣会社は、紹介できる仕事の数が多く、業種や職種、勤務地も幅広いのが強みです。初めての場合でも未経験などの比較的希望に合った仕事を紹介されやすいでしょう。

もちろん、中小の派遣会社にも強みはあります。例えば特定の業種や職種が豊富だったり、サポートがきめ細かったりするなどです。長く続いている派遣会社であればノウハウも蓄積されています。登録の際に、細かなところまであやふやにせず、しっかりと説明をしてくれるところなら信頼できるでしょう。

福利厚生やサポート制度がある

派遣会社によっては、社会保険や雇用保険、有給休暇以外の福利厚生を用意しているところがあります。その内容は健康診断の実施や各種優待、割引などです。当然、同じ条件で働くのであれば、福利厚生が充実しているほうがお得です。

また、キャリア形成やスキルアップをサポートしてくれる派遣会社もあります。これらを利用することで、対応できる業務や職種の幅が広がるでしょう。

口コミが良い

派遣会社の内部事情は実際に登録して働くまで分からないものですが、最近はインターネット上の口コミで、ある程度把握できるようになっています。例えば仕事の紹介実績や担当者の対応などです。

ただし、こうした口コミすべてが必ずしも自分に当てはまるわけではありません。派遣会社や担当者との相性により、どうしても合う合わないが出てきてしまいます。また、書かれている内容が事実とも限りません。特に良い口コミはサクラが書き込んでいる可能性があります。鵜呑みにするのは禁物です。

派遣として初めて働くときの注意点

派遣会社や派遣先の企業と良好な関係を保つには、また仕事を依頼したい、一緒に働きたいと思わせることが大事です。そのための注意点を紹介します。

面接の場合

派遣会社で登録したり、初めて面接を受けたりするときは、必ず時間厳守です。どうしても遅刻しそうなときは、前もって連絡しておきましょう。提出するよう指示された書類も、忘れずに持参します。

面接の前には登録のため、用意された書類に記入しなければいけません。氏名や住所、スキルなど必要事項を記入するのはもちろん、入力できる欄はすべて埋めましょう。インターネットで登録するときも同じです。ただし、仕事を多く紹介してもらおうと嘘を書いてはいけません。簡単に見破られてしまいますので正直に書きましょう。

清潔で真面目な印象を与える服装は、男性はスーツとワイシャツに革靴、女性はブラウスとジャケットにパンプスが基本です。髪型を整え、アクセサリーを外し、化粧はナチュラルメイクにしましょう。丁寧な言葉遣いを心がけ、最低限の敬語は使えるようにしておきたいところです。

派遣初日の場合

派遣先に初めて出勤するときは、事前に時間や服装、持ち物の指示があるはずです。約束の時間よりも少し早めに到着するようにしましょう。派遣会社の担当者と待ち合わせる場合も同じです。もちろん、身だしなみは面接時のように清潔で真面目な印象を与えるものでなければいけません。

派遣先に好感を持たれるためにも、挨拶は大切です。ハキハキと受け答えするようにしましょう。まずは業務内容についての説明があるので、分からないところがあれば、その場ですぐに確認します。

退勤の時間になったら、派遣先の上司に残業の有無を確認し、無ければ所定の方法で退勤時間を登録します。これで初日の勤務は完了です。派遣先の対応に不安を感じたときは、担当者に相談しましょう。

まとめ

派遣で働きたいときは、派遣会社に登録して、紹介を受けてから派遣先で働くという流れです。派遣会社は数多くあるので、自分に合ったところを選びましょう。

Workinでは、エリアや職種、給料はもちろん、こだわりの条件で仕事を探すことができます。さらに派遣会社が初めての方でも安心の、未経験歓迎の求人も多く掲載しております。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop