アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


転職・派遣求人TOP >  >   > 接客が上手い人は使っている!買いたくなる言葉の法則とは?

接客が上手い人は使っている!買いたくなる言葉の法則とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

  • シェア:

まるで魔術にでもかかった様に、気付いたら商品を手に取って買う気になってしまっていることがあるかもしれません。

これは接客が上手い人ならではの技術と、買いたくなる言葉の法則を巧みに使った結果です。

接客業においては、これらを習得できれば怖いものはないと言えます。
人間の基本的な心理を活かした、接客術と言葉の法則を習得しましょう。

買いたくなる言葉の法則

さんざん迷って買うと決心したとき、あるいはただ通り過ぎただけなのに買いたくなってしまうとき、そこには言葉の力が働いていることが多くあります。
そんな影響力の大きい言葉の力は、買う決断を後押ししてくれるものなのです。

人間の基本的な心理を理解すると、相手が買いたくなる言葉には法則があることが分かります。

1.限定制のアピール

人は、限定されてしまうと買いたくなる傾向が強くあります。
たとえば、「数量限定」「期間限定」「今だけ」と言われたら「買っておこう」と思うものなのです。
さらに、「ラスト1個」という言葉は「買わなきゃ損」というイメージを強めます。
今買わなければもう買えないと思うと、どうしても買いたくなってしまうものなのです。

2.特別感を出す

「今ならキャンペーンで半額!」「今ならさらにおまけが付いてくる!」という、特別感も有効です。

「あなただけ特別に○円引きします!」とまで特別感が出ていたら、多くの人が買ってしまうことでしょう。

こうした「自分だけ特別」という感覚は、誰もが嬉しいと感じるものなのです。

3.付加価値を強調

商品の付加価値を伝えることも、買いたくなる心理をくすぐるテクニックです。
たとえば「これ1着で、3通りの着方ができる」「1つあれば、様々な場面で活躍する」という言い方です。

こういった言葉を言われると、なんとなくお得な感じがして、買いたくなるものなのです。

4.未来が想像しやすい

脱毛サロンで「これで夏もノースリーブで思いっきり楽しめる!」と書かれていたら、薄着で夏を満喫している自分が想像しやすいのではないでしょうか?

このように、商品を使うことで得られる未来の自分をイメージしやすいと、商品を買ってもらいやすくなります。

お客様の求める接客こそ良い接客

感じの良い接客を受けると、購買意欲は高まるものです。
そんな購買意欲を刺激する感じの良い接客のコツを、4つ見てみましょう。

1.お客様に合わせた接客

お客様の印象に残る接客というのは、お客様それぞれに合った接し方ができるかどうかが大きなポイントです。
たとえば、ご高齢の方ならばハッキリとゆっくり話して丁寧な接客を、若く多忙なビジネスマンならば簡潔で無駄がなくスピード感のある接客など。

このように、お客様はそれぞれ求めている接客が違います。
それを見抜き、一人ひとりに合わせた接客をしていくと良いでしょう。

2.お客様の声をしっかりと聞く

お客様が求めている商品をおすすめするためには、まずお客様の声(要望)をしっかりと聞く必要があります。
これは接客の基本中の基本ですが、意外とできないものの一つとなっています。
お客様が話しやすい雰囲気を作り、求めているものを細かく聞いていきましょう。

3.アイコンタクト

アイコンタクトは、互いの信頼関係を築いていく上で欠かせません。
接客であっても、アイコンタクトができなければお客様からの信頼は得られないのです。しっかりとお客様の目を見て、親身な態度で接客をしましょう。

4.自然で親しみやすい声かけ

お客様に声をかけるタイミングは、なるべく自然であるべきです。
大抵のお客様は、店員から話しかけられそうな雰囲気を察知すると逃げてしまいます。
そのため、親しみやすい自然で明るい笑顔での声かけが大切なのです。

相手をよく観察することが、接客術向上のカギ!

接客が上手い人には、共通した特徴があります。
その中でも大きな特徴が、「相手をよく見ていること」です。

接客が上手い人は、お客様をよく観察しています。
そして、お客様が口には出さない潜在的なニーズまで汲み取っているのです。
そのため、お客様により親しみを持ってもらえる接客ができます。

相手の服装や仕草、言葉の端々に気を配っているからこそ、潜在ニーズを汲むことが可能なのです。

さらに、お客様に気を遣わせないという点も、接客が上手い人の特徴です。
お客様が求めているものを、一手先に差し出すことができるのです。
これは、お客様をよく見て、しっかりと相手のことを考えているからこそできる技術です。

こうした特徴から見ると、接客が上手くなるには「相手をよく観察すること」が接客術向上のカギと言えます。
また、親しみやすい自然な笑顔と明るい話し方も、普段から練習しておくと良さそうです。

まとめ

お客様の購買意欲を高めるためには、買いたくなる言葉の法則と上手な接客がポイントとなってきます。
接客が上手な人が使っている特有の言葉や態度をお手本にして、上手に取り入れていきましょう。

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2018 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop