アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 製造業は未経験でも転職しやすい!転職するときのポイントを紹介!

製造業は未経験でも転職しやすい!転職するときのポイントを紹介!

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  • シェア:

製造業へ転職するときには、未経験でも大丈夫か気になるところですよね。
結論から言いますと、製造業は未経験者でも転職しやすい業種です。
さらに、製造業ではスキルが身につけられますので、次の転職の足がかりにすることもできます。

しかし、製造業に転職するデメリットや転職の際の注意点もありますので、しっかりチェックしていきましょう。

製造業は未経験でも転職できる業界?

製造業は日本経済を支える大きな産業の一つです。
求人数もとても多く、未経験でも応募できるものがあるので、転職の選択肢として頭に入れておくといいでしょう。

まずは、製造業の仕事内容について解説していきます。

製造業の仕事内容

製造業の業務は、主に日用品や家電、自動車などの生活に欠かすことのできない製品を作ることです。

製品ができあがって出荷されるまでの工程は、大きく5つに分けることができます。
それぞれ簡単に見ていきましょう。

【製造、組み立て】
機械化が進む製造業ですが、人の手が必要な作業も多く存在します。
人の手でしかできないような細かい作業、製品を傷つけないような配慮が必要な作業などが該当します。

仕事内容は、ベルトコンベアで運ばれてくる材料やパーツを組み立て、製品にする作業です。
同じ作業が続くので、段々と作業効率が高まってきます。

【加工、仕上げ】
製造者が作った製品を加工して仕上げていきます。
ライン作業によって、それぞれの部品を組み合わせたり加工したりして、製品を完成させる工程です。
業種によっては溶接やはんだ付けといった特殊技能を身につけることができます。

【点検】
製造業に点検の業務は欠かせません。
できあがったものが商品として出荷できるかどうか、ちゃんと動作するかのチェックをしていきます。

点検の仕事は大きく2つに分けられます。全ての商品をチェックする「全数検査」と、一部の商品だけを抜き打ちでチェックする「抜取検査」です。
職場によっては、製造や加工と並行して点検作業が行われる場合もあります。

【仕分け、梱包】
点検まで完了した商品を出荷するために目的・用途別に仕分けして、梱包する工程です。
軽作業に分類されますが、商品によって重さが異なりますので注意しましょう。

【生産管理】
生産管理は製造全体が上手く回るようにコントロールする役割です。
無駄を出さないように材料を調達したり、作業員や機械の配置を考えたりします。

未経験でも転職できるのが製造業の魅力

製造業は、品質に差が出ないように生産工程がマニュアル化されているため、未経験でも転職しやすいのが魅力です。
自分の工夫次第で作業効率を高めることもできるため、やりがいも感じられるでしょう。

また、雇用形態が様々で、軽作業の募集が多いことから、体力に自信がなかったり時間に制限があったりする方でも転職が可能です。

製造業で働くメリット・デメリット

次に製造業で働くメリット・デメリットについて見ていきましょう。
自分に合う仕事なのか判断するために、ぜひお役立てください。

メリット

主なメリットは以下の3点です。

【スキルが身に付けられる】
製造業で身につけられるスキルは「専門知識」「専門資格」「実務経験」「リーダー経験」などです。

専門的な知識を得ることで、資格を取得するというキャリアアップも考えられます。
実務経験を重ねることによって、チームリーダーやバイトリーダーなどを任せてもらえることもあるでしょう。

スキルを身につけていくことで、会社で上を目指すこともできますし、次の転職を有利に進めることができます。

【工夫次第で生産性を向上できる】
単調な作業が繰り返されがちな製造業ですが、自分自身の工夫次第で生産性を向上させることもできます。

さらに、生産性の向上が評価され、待遇が良くなる場合もありますので、やりがいにつながるというメリットもあります。

【福利厚生が充実している】
製造業は「きつい」「汚い」「くさい」のいわゆる3Kのイメージがあるかもしれません。しかし、福利厚生に力を入れる傾向にあります。
お給料の面はもちろん、寮や社宅が準備されていたり、休日の確保がされていたりします。

デメリット

もちろん、メリットばかりでなくデメリットも存在しますのでチェックしておきましょう。
製造業で働く主なデメリットは以下の3点です。

【体力がいる】
職場や作業工程によっては立ちっぱなしであり、重いものを扱うことがありますので体力が必要になる場合もあります。
体力に自信がない方は特に作業内容を確認し、自分に適正があるか確認しましょう。

【ルーティーン作業が退屈に感じやすい】
自分自身の工夫次第とはいえ、ルーティーン作業が続くと退屈に感じてしまいがちです。
特に働き始めたばかりの頃は、担当する作業の種類が限られますので特に退屈に感じやすい傾向にあります。

【シフト制勤務の場合、生活が不規則になりやすい】
シフト制勤務の場合、夜勤や土日出勤をしなければならないこともあるでしょう。
特に夜勤を始めたことで、ライフスタイルが変わり、慣れるまでに体調を崩す方は多いです。
生活が不規則になりがちですので、健康面への配慮をしていきましょう。

製造業へ転職する際のポイント

製造業の特徴を理解した上で、応募をお考えの方に、転職する際のポイントをご紹介します。

条件にとらわれないようにする

製造業への転職は、目先の条件にとらわれず、どんなキャリアが積めるかの確認が重要です。
条件が良いだけで判断し、転職したものの、教育制度が整っておらず仕事を覚えるのが大変だったり、仕事量が多く過酷だったりという場合もあります。

また、条件に不透明な部分が多い会社には注意しましょう。
ブラックな労働環境であるがゆえに、常に人手不足で無茶な働き方を要求されるケースもあります。

志望動機や転職理由を明確にする

面接の際には、志望動機や転職理由を明確にしましょう。
なぜこの会社で働きたいのか、なぜ転職したいのか、自分が転職先で何を求めているのかをはっきりさせることで、自分自身のキャリアの棚卸しにも役立ちますよ。

製造業の経験者は即戦力として期待されますので、スキルや経験をどんどんアピールしましょう。

未経験者は、他業種で培ってきたこれまでのスキルをどう活かせるかアピールします。
製造業の経験がないからといって、採用のチャンスがないわけではありません。

まとめ

製造業は未経験者でも転職可能であり、極めていけばその後のキャリアを切り開くスキルを身につけることもできます。
ぜひ転職の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

製造業の仕事を探すならWorkin(https://workin.jp/)をご検討ください。
条件を絞って検索することもできるので、とても便利ですよ。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop