アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > キチンと知っておこう!バイトの研修期間

キチンと知っておこう!バイトの研修期間

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • シェア:

バイトを採用した際、本採用をするまでに研修期間を設けることがあります。研修期間が、試用期間として見なされる場合も少なくありません。

研修期間を通して、スタッフは現場で通用するスキル・知識を習得していくことになりますが、一体どれくらいの研修期間を設ければ良いのでしょうか。

バイトの研修期間についてテーマにしながら、研修期間中の時給・待遇、さらには解雇や退職についても、どのような対処がふさわしいのか説明します。

バイトに設けられている研修期間とは

学生や主婦・主夫、フリーターが活躍するバイト。バイトの研修期間には、どのような役割があるのでしょうか。

企業から被雇用者が本採用されるまで、研修期間を設ける意味について説明をします。

研修期間は「教育期間」

研修期間は、どの企業や事業所でも必ず設けられているわけではありません。研修期間がない企業はバイトの採用をすれば、すぐに本採用のスタッフとして扱われます。教育を受ける期間がないため、現場で職能を磨いていかなければなりません。

研修期間は、教育担当者か上司、先輩スタッフ・社員から、実践的な仕事のやり方をOJTで教えてもらう期間です。企業によっては、試用期間と同じように実務中心の業務を担当することもあります。

研修期間は企業によって差はありますが、3カ月(90日)が目安です。バイトは仕事をした日数よりも時間が重視されることもあるので、出勤時間の合計で算出する企業もあります。いずれにしても決められた研修期間が終わって、ようやく本採用のスタッフとして雇用されます。

バイトに研修期間を設ける意味

研修期間が設けられているのは、お試し期間という意味合いが強くあります。企業と被雇用者が、お互いにミスマッチがないか適性を確かめられる期間です。

実務レベルを上げておく必要もあります。本採用後には、仕事を滞りなく行える人材に育成できていなければなりません。とくに未経験の業種・職種で入社をしたスタッフには、一からの教育が必要です。

研修期間中の待遇と求められること

バイトの研修期間中と本採用後では、具体的にはどんな違いが生じるのでしょうか、もしくは扱いが違うだけで、中身に変わりはないのでしょうか。

研修期間中の時給・待遇、そして身に付けておくべきスキルを解説していきます。

研修期間中の待遇

研修期間中、本採用後より50~100円ほど低い時給が目安です。しかし最低賃金は保証しなければなりません。最低賃金は定期的に改正されており、都道府県ごとに金額が異なります。

雇用主は、適用されている時間額を下回らないように注意を払いましょう。時給は下がったとしても、バイトにとっては給与を得ながら指導を受けられる、貴重な時期だとも考えられます。

一方で警備員やイベントスタッフ、引っ越し作業員など、職務内容によっては研修期間中でも高額支給のバイトもあります。

残業した場合に発生する残業手当など、割増賃金が適用されます。企業ごとに詳細が異なるため、企業ごとの就業規則を確認しなければなりません。

研修期間で求められること

研修期間で求められることは、実務を遂行できるスキルを習得することです。本採用後に、フォローがなくても一人でできるように、研修期間を通してスキル・知識を身につけていきます。

バイトであったとしても、プロ意識を持たなければなりません。学生・未成年・未経験問わず、お客様や取引先からすれば、社員やベテランスタッフと同じプロです。バイトであっても一人前の接客・コミュニケーションができるように、成長することが求められます。

研修期間での解雇・退職について

研修期間での解雇・退職について、お伝えします。

研修期間中に、企業側から解雇されることはあるのでしょうか。またバイトが退職する際に注意しておきたい点について述べます。

研修期間中に解雇はあるのか

研修期間中でも、バイトが解雇される場合はあります。 例えば出勤日にも関わらず、休みがち・遅刻が目立つようなケースです。とくに無断欠勤が続く場合は、解雇となる可能性が高くなります。

営業に影響を与えるというよりも、社会人としての常識・マナーに反する行為だからです。雇用主からの信用が下がることで、解雇につながります。

勤怠面の問題だけではなく、著しく実務能力に乏しいケースも解雇になる可能性があります。業務について覚えるスピードが、通常より何倍もかかる場合や、出勤日には失敗やトラブルを必ず起こす場合は、継続的な雇用が難しいと判断されるでしょう。

研修期間中に解雇を、雇用主からバイトが言い渡された場合、注意しておきたいのは離職票です。自己都合ではなく、会社都合であることを明記してもらう必要があります。

退職する際の注意点

研修期間の退職について説明します。バイトが研修期間中に退職をすることは可能です。ただし民法第627条第1項により、退職を希望する日から2週間前までに退職意思を申し入れる必要があります。

(参照:電子政府の総合窓口
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089_20180401_429AC0000000044&openerCode=1#2289)

もし有期雇用で契約を締結している場合は、研修期間中でも退職をすれば違法となります。契約を交わした期間中は、職務を全うしなければなりません。

バイトが退職を伝える際は、やむを得ない事情である必要があります。例えば、親族の介護や、家族の引っ越し、海外への移住などです。動機は偽ることなく、明確にして伝えましょう。

電話やメール、SNSのメッセージ機能での報告はマナー違反です。退職の意思は、対面で必ず説明をしなければなりません。

また給与面に関してですが研修期間中での退職(または解雇)でも、出勤をした分は給与が支給されます。

まとめ

バイトの研修期間について、研修期間の目安や待遇・時給、身につけておくことを説明しました。バイト・雇用主どちらも、研修期間を通して適性をチェックしながら、本採用への準備をしていくのが研修期間です。研修期間が終われば、本格的な業務がスタートします。

約3カ月前後の短い間ではありますが、研修期間で学んだことを、現場で活かしていく場となります。研修期間が設けられていることで、未経験であってもバイトは、プロ意識を持ちながら現場で活躍できるのだと考えられます。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop