アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣はパートとどう違うの?主婦が派遣で働くメリットデメリットをご紹介

派遣はパートとどう違うの?主婦が派遣で働くメリットデメリットをご紹介

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • シェア:

生活費や子どもの教育費を得るために、働く主婦は多くいます。主婦の場合、パートが一般的な働き方としてあげられますが、派遣として活躍をする人も増えてきました。

そこでパートと派遣では働き方や条件面で、どんな違いがあるのかを、具体的に比較してみましょう。さらに主婦が派遣として仕事を始める前に知っておきたいことを、メリット・デメリットをあげながら解説します。

主婦が派遣で働くメリット・デメリット

派遣会社に登録をして、派遣先を紹介されて仕事をすることになる派遣という働き方。

主婦が派遣として仕事をするうえで、どんな特徴があるのでしょうか。メリットとデメリットについて解説をします。

メリット

1. パートより時給が高い

派遣はパート・バイトで働いた場合よりも、高時給を得やすいです。

扶養控除を受けるために、パートで時間を制限して仕事をする人もいます。しかし、できる限り多い収入を得たい人にとっては、時給が高い派遣が有利でしょう。

限られた時間で効率的に稼ぎたい主婦にも魅力的です。

2. 派遣元の担当者がつき、サポートをしてくれる

派遣には、派遣会社の担当者がつきます。担当者とは、定期的に面談をします。派遣先を紹介してくれるだけではなく、仕事の調子や状況について相談することが可能です。相談内容は必要に応じて、派遣企業を介して、派遣先ともコミュニケーションをとることができます。

契約を更新するか満了するかなどの希望も、担当者に伝えます。

3. 自分のスキルや希望に合った働き方が可能

正社員であれば主婦であっても、どんな業務にも従事しなければなりません。しかし派遣であれば、自分のスキルや希望に合わせて仕事を選ぶことが可能です。子育てや家事などのライフスタイルを優先させた働き方もできます。

高水準の給与を得ながら、自由度の高い仕事をできることがメリットだと考えられます。

デメリット

1. 人間関係が築きにくい

腰を据えて、中長期的な人間関係を構築することが困難です。派遣と直接雇用の社員との壁があるというよりも、有期雇用であることが原因です。

就業する期間は、早くて1~3カ月。長くても3年が目安です。人間関係を築いても、次の派遣先で一からまたやり直さなければなりません。

2. 長期間の勤務ができない

長期的な視点で、仕事をすることができません。1つの勤務先で就業経験を積みたい人にとって、有期雇用で働く派遣は適さないでしょう。

長期間の勤務が難しい一方で、さまざまな企業で仕事にチャレンジできる利点があります。

3. 派遣会社によって待遇が異なる

待遇面におけるデメリットがあります。派遣会社によって、給与などの条件面が違います。好条件の企業であれば問題ありません。しかし派遣会社によっては、希望する条件で仕事ができない可能性もあるでしょう。

パートと派遣はどう違う?

派遣について取り上げましたが、パートと比べてみると、どのような違いがあるのでしょうか。

主婦の働き方として、定着しているパート。自分に合った働き方がどちらかを考えられるように、詳しく説明します。

パートの場合

パートは、派遣と比べると雇用の契約期間が決まっていません。終了期間を気にせずに働き続けることができます。更新をする必要もないので、手間を省くことができるでしょう。

言い換えれば「長期的に就業ができる」という意味です。勤務先と直接雇用を結ぶことができるので、人間関係を構築することができます。とくに直属の上司から評価やフィードバックを受けられるのは、大きな特徴です。

また、ほとんどの場合、シフト制で勤務予定が組まれるので、事前に休みの希望を伝えられます。お子様や家庭の事情で、急な予定ができても、欠勤や退勤の融通が利やすいのもパートの魅力です。

家事・子育ての両立だけでなく、ダブルワークやパートの掛け持ちをしている人も少なくありません。自分のスケジュールに合わせて勤務できます。

また飲食業界やスーパー・量販店など、未経験者でも応募できる仕事が多いのもパートの特徴としてあげられます。以前から興味のある仕事に挑戦することができるでしょう。

派遣の場合

派遣は、契約期間が決まっています。短期的なサイクルで仕事をしたい人にとっては、続けやすい働き方です。

雇用契約を結ぶのは、派遣先ではなく派遣会社です。派遣会社に、自分が希望する条件や職種を伝えて、適した仕事を紹介してもらうことができます。

実際に仕事を始めた場合、仕事ぶりや成果に対する評価は、派遣会社からフィードバックを受けることになります。自分のスキルアップや技能を磨いていくことができるでしょう。

派遣先の企業とは、直接的にコミュニケーションする必要はありません。トラブルが起きたとしても、派遣会社が対応してくれるので安心できるでしょう。

また派遣会社が設けている社会保険や福利厚生が適用されます。企業によっては、充実した条件を用意しているケースもあります。このようなサポートは、パートでは受けられないケースが多いです。

派遣として働く際にチェックしておきたい条件

派遣として仕事を始めたい場合、事前に注意しておくことはあるのでしょうか。条件面で、チェックしておきたいことについて説明します。

1. 仕事と子育てを両立できそうか

希望する条件で働き始めても、慣れるまでに時間がかかります。仕事と子育てが両立できるか、考えておきましょう。

起床や出勤、退勤、買い物、帰宅、家事など1日のスケジュールを組み立てて、負担がないかどうか、継続的できそうかを考えます。

2. 扶養内で働けるかどうか

扶養内で働きたい場合は、夫婦で確認をしておきましょう。夫の年収額に応じて、課せられる税金や、妻の所得から控除されるかどうかが変わります。

派遣で仕事をする場合は、パートよりも時給が高いので注意を払わなければなりません。

3. 就労支援や福利厚生が充実しているか

派遣会社によって提供している就労支援、福利厚生は異なります。交通費や家族手当、家賃補助、社会保険などの内容を確認したうえで、登録をしましょう。

まとめ

主婦が派遣を始める際に、知っておきたいことを解説してきました。大切なことは、家事や子育てと両立しながら仕事を続けられるかどうかです。

派遣のメリット・デメリットだけでなく、主婦の仕事として一般的なパートを取り上げることで、比較をしやすいように解説をしました。

自分のライフスタイルに合わせて、働きやすい派遣。自分に適していると判断ができれば、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
タグ:
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop