アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 派遣・契約・バイト・パートの違いを紹介!それぞれの特徴を知ろう

派遣・契約・バイト・パートの違いを紹介!それぞれの特徴を知ろう

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

  • シェア:

時代のニーズに合わせて、働き方が多様化しています。かつては正社員が一般的でしたが、現在では、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトといった雇用契約で仕事をする人が増えています。

それぞれの働き方に、どんな違いがあるのでしょうか。自分に合った働き方や仕事を探すために、詳しく知っておく必要があります。

派遣社員と契約社員、パートやアルバイトのメリット・デメリットを挙げながら、特徴を解説します。

派遣・契約・バイト・パートそれぞれ特徴から違いを知ろう

求人票や求人サイトを見れば派遣社員、契約社員、アルバイト・パートといった雇用形態の求人が、並んでいます。

どの雇用形態も日本では浸透してきましたが、どんな特徴がそれぞれにあるのでしょうか。わかりやすく説明します。

派遣社員の特徴

派遣社員は、派遣元の会社と雇用契約を結びます。派遣元から派遣された労働者として仕事をします。

給与は派遣先ではなく、すべて派遣先から支払われることが特徴です。派遣される期間や労働条件についても、派遣会社によって決められます。

派遣といっても種類があります。登録型派遣や常用型派遣、紹介予定派遣などです。

・登録型派遣:派遣会社にスタッフとして登録をして、派遣先の企業で働く方法。

・常用型派遣:派遣会社に常時雇用さて派遣される社員であり、正社員に近い働き方ができる。

・紹介予定派遣:正社員・契約社員など、派遣先と直接雇用を締結する前提で働く方法。

(参照:労働者派遣事業を適正に実施するために 厚生労働省・都道府県労働局)

契約社員の特徴

契約社員は、就業先と直接的に雇用契約を結びます。契約という名称の通り、一定の雇用期間が定められています。ほとんどの場合は、6カ月~1年が目安です。

契約期間の上限は、基本的に3年であり、 契約期間が終了すれば同じ会社で働くことができません。

雇用期間が終了することが前提で仕事をするため、昇進や昇格、昇給がないのも特徴です。

パート・アルバイトの特徴

パートとアルバイトは、契約社員と同じように就業先と直接雇用を締結します。正式には、パートタイム労働者と呼びます。

一般的な正社員よりも、一週間の所定労働時間が短い労働者のことです。労働時間はほとんどの場合、シフト制によってスケジュールが組まれます。

そして多くの場合、時給によって賃金が評価されます。契約社員のように有期ではありません。勤務日数などによっては、各種社会保険や福利厚生、交通費支給が適応されることもあります。

派遣・契約・バイト・パートそれぞれのメリットデメリットをご紹介

派遣社員、契約社員、アルバイト・パートで、自分のライフスタイルに当てはまるのはどの働き方でしょうか?

それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。比較をしながら、よく検討してみましょう。

派遣社員のメリット・デメリット

【メリット】
1. ライフスタイルに合わせて働きやすい

家事や子育て、親の介護、趣味など、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。定時に仕事を終わらせたい場合は、残業の対応も回避できる場合が多いものです。生活リズムを崩さずに仕事ができます。

2. 他の仕事へ変更しやすい

仕事が合わない時や、環境を変えたい時でも、他の仕事や会社に変更しやすいというメリットがあります。正社員では、なかなか実現できないことでしょう。

3. 派遣先へ相談しやすい

仕事や働き方について、派遣先へ相談することができます。また派遣会社の担当者が、現状の問題や心配ごと、今後の働き方についても定期的に面談を設定してくれます。気軽に相談できるでしょう。

【デメリット】
1. 次の登録先が決まるかなど雇用が不安定

直接雇用とは違って雇用が安定しません。派遣先が決まるまでは不安な状態が続きます。派遣先が決まったとしても、継続的に就労できるかは別の話です。

2. ボーナスなどが無い

契約上で決められた給与以外に、収入を得ることがありません。正社員のようにボーナス・退職金はないので、収入面での不満や不安が生じることもあります。

3. 昇進ができない

昇進・昇級というキャリアアップをすることができません。管理職として活躍したい場合や、組織・グループも持ってマネジメントをしたい人には適さないでしょう。

契約社員のメリット・デメリット

【メリット】
1. 自分の希望に合った働き方ができる

勤務時間・日数など条件に関して、自分が希望する働き方ができます。雇用先の企業に対して、自分の意見を直接伝えることが可能です。

2. 転勤がない

直接雇用をさせるので転勤がない場合が多いのが特徴です。同一の勤務地・職場で、仕事に専念することができます。転勤があれば、環境や仕事に慣れることに時間がかかります。

3. 正社員より高収入を得られることも可能

契約条件が固定給ではない場合など、正社員よりも高収入を得られる可能性もあります。高度な技術職や専門的な職務であれば、待遇面において交渉することができます。

【デメリット】

1. 長期間働けない

長期に渡り仕事を続けたい人には適していません。雇用期間は長くても3年ほどなので、中長期的に働くことは困難です。

2. ボーナスや退職金がない

高収入を得られる可能性はあっても、正社員のようにボーナス・賞与や退職金もありません。退職金が心配であれば、自分でも加入できるサービスを探しておきましょう。

3. 福利厚生の条件に差がある

通勤手当や家賃補助、資格支援制度など、福利厚生の条件において正社員と差があります。希望をしても、支給対象外になることも認識しておきましょう。

パート・アルバイトのメリット・デメリット

【メリット】
1. 副業が認められていることがほとんど

正社員の多くは副業が禁じられていますが、パート・アルバイトは副業・ダブルワークが認められているケースが多くあります。

2. 求人数も豊富

正社員としては難しくても、パート・アルバイトなら募集している仕事も少なくありません。求人数が充実しており、積極的に人材を募集しています。

3. シフト制であることが多い

勤務スケジュールは、1週間や1カ月ごとで組まれます。自分のライフスタイルに合わせた予定で、仕事が続けられます。

4. 短期的な勤務も可能

隙間時間を活かした勤務が可能です。例えば飲食店の忙しいランチタイムに、1~2時間のみ出勤することもできます。

【デメリット】

1.収入管理が難しい

収入は、勤務をした時間で決定されます。毎月決まった所得が入ってくるわけではありません。安定した所得の維持や管理が大変です。

2.ボーナスなどがない場合が多い

ボーナスが一切ないわけではありませんが、多くの場合は期待できません。臨時で大入りが支給されることはあります。

3.任される業務が少ないことがほとんど

責任のある業務を任されることは少ないでしょう。気楽なように見えますが、やりがいが感じられないこともあります。

まとめ

派遣社員と契約社員、パート・アルバイトの特徴、そしてメリット・デメリットについて解説しました。

中長期的に働きたいのか、安定した仕事をしたいのか、所得やボーナス、福利厚生を重視したいのかによって、適した働き方が異なります。

大切なのは、どんな働き方をしたいか、ライフスタイルを送りたいかという視点です。派遣社員と契約社員、パート・アルバイトで自分に合う求人を探してみましょう。

Workin.jpの求人検索は、職種別で探せることはもちろん、働き方のこだわり条件の選択カテゴリも豊富なので、自身の希望に合わせて求人を見ることができますよ。ぜひご活用ください。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop