アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


転職・派遣求人TOP >  >   > オフィスワークの効率をアップ!記憶力のトレーニング方法

オフィスワークの効率をアップ!記憶力のトレーニング方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

  • シェア:

ついさっき目にした情報がどうしても思い出せない、そんな経験は多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか?
記憶力が良ければ作業効率が一気に上がるのに、と嘆きたくなることもあるでしょう。

また記憶力は、オフィスワークだけでなく日常生活においても欠かせません。
仕事も日常生活も効率アップするために、記憶力アップのためのトレーニングをしてみましょう。

記憶力アップには脳の活性化トレーニングが効果的

記憶を司っているのは、脳の海馬という部分です。
記憶力をアップさせるためには、脳を活性化させて海馬を有効に使うことがポイントなのです。

そのために有効なトレーニング方法を、記憶別に見てみましょう。

瞬間記憶

瞬間記憶とは、目に映ったものをそのまま画像として覚えてしまう記憶のことです。
この能力は先天的なものと言われているので、後天的に見に付けることは非常に困難とされています。

しかしトレーニングすることで、ある程度は瞬間記憶の能力を磨くことはできます。

様々なトレーニング方法がありますが、一番簡単な方法は就寝前に一日の出来事を振り返ることです。
言葉などで振り返るのではなく、映像でその日一日を朝から順に思い出していくのです。それも、なるべく詳細な部分までしっかりと思い出してみることが大切です。

このトレーニングを続けることによって、目にしたものを画像として覚えようとする意識が強くなるのです。

短期記憶

短期記憶は、比較的すぐに忘れてしまう記憶のことです。
たとえば、これから乗る予定の電車の時刻などは、短期記憶となります。

短期記憶を鍛えるためには、語呂合わせや物語風に記憶する方法が有効です。
普段から、目にした数字や文字をすぐに語呂合わせや物語にして覚える癖を付けておくのです。

「179」という数字ならば、「ろうそく(1)とステッキ(7)で苦労(9)する」と簡単な物語を作ってみましょう。
意味が通らない言葉でも、全く問題はありません。
むしろ、奇抜であればそれだけ記憶に残りやすいのです。

長期記憶

長期記憶とは、短期記憶が脳内で定着したものを言います。
幼少期の記憶などは代表的な長期記憶で、いつまで経っても忘れることはほとんどないとされています。

長期記憶を鍛えるためには、短期記憶を長期記憶へと効率的に移行させることがポイントです。

記憶を定着させるためには、短期記憶を反復していくことが大切です。
一度覚えたことは、繰り返しによって脳へ定着しやすくなります。
そのため、何度も思い出して、脳内で反復させておくのです。

また、人に話したり説明したりするのも有効です。
短期記憶を自分の言葉で噛み砕いてアウトプットすることで、長期記憶として定着しやすくなります。

つまり短期記憶を反復すればするほど、長期記憶は鍛えられるのです。

オメガ3は脳を活性化してくれる食べ物

脳を活性化するための方法としては、脳の活性化に有効な食べ物の摂取が挙げられます。中でもオメガ3は、脳に良いとして人気となっている成分です。
オメガ3はDHAやEPAなどが有名で、サバやイワシなどの青魚に多く含まれています。また、ニンジンや卵などに多く含まれるビタミンAは目にも記憶力アップにも良いとされています。

そしてブドウ糖が記憶力アップに良いという話は、巷でも有名な話です。
白米やバナナなどに多く含まれるブドウ糖は、脳のエネルギーとなる成分なのです。

さらに、ピーナッツなどに多く含まれているレシチンも、記憶力アップに効果的です。
他にも、クルミやチョコレート、ベリー類も脳を活性化してくれる食べ物となっています。

集中力が上がれば記憶力も上がる

記憶力をアップさせるためには、集中力が不可欠です。
しっかりと集中できる力があれば、記憶力は自ずとアップします。

集中力を高めるためには、注意力が散漫にならない工夫が必要です。

まず、集中できる環境を整えることがとても大切となります。
気になるものは机に置かない、気になる音は消すことです。

注意散漫になるきっかけは、何か気になるものが視界に入ったり聞こえてきたりすることです。
そのため、まずは注意が他に逸れない環境を作りましょう。

そして、集中する時間を区切ることも大切です。
1時間だけ集中する、ここまでは集中してやるなど、区切りを決めていきましょう。
ちなみに最初の15分頑張って集中することができれば、その後の集中は持続しやすいと言われています。
とりあえず15分だけ集中するという目標もとても有効なのです。

また、眠くて集中力が続かないときは、仮眠がおすすめです。
頑張っても集中力が切れてしまうときは、脳を休めるタイミングと言えます。
無理やり頑張るよりも、5分や10分仮眠を取った方が断然効率良く集中できるのです。

まとめ

記憶力の良し悪しは生まれつき決まっているものではなく、誰でも鍛えることができる能力です。
記憶力を鍛えるためには、脳を使うトレーニングや記憶力向上に良い栄養素をしっかりと摂っていきましょう。

記憶力をアップさせてオフィスワークを効率化し、仕事のスピードアップと質の向上を目指していきましょう!

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2018 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop