アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > 子育てしながら仕事をするには?子育て中のママにおすすめバイト

子育てしながら仕事をするには?子育て中のママにおすすめバイト

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • シェア:

近年では、子育てをしながら仕事をする女性が増えてきました。子どもが産まれると何かとお金が必要になるので、少しでも家計の足しになれば…とアルバイトを始める人も多いのではないでしょうか。

今回は、子育てをしながら仕事をしたいと考えている、子育て中のママにおすすめのバイトをご紹介します。

子育て中のママにおすすめのバイト

子育てをしながらでも比較的働きやすいとされている業種を、その業務内容と合わせてご紹介します。

一般事務・受付

事務や受付は、特別な資格を求められることも少なく、また子育て前に事務仕事の経験があるママにとってはぴったりの仕事です。コツコツ積み重ねる仕事が苦ではない人、体力に自信がないので座って仕事がしたい人にもおすすめ。

この仕事が元になってさらにステップアップすることも考えられるので、正社員に復帰したいと考えている人はぜひ検討してみてくださいね。

軽作業スタッフ

軽作業は、工場のラインでの作業や梱包作業など、ほとんどの場合は決まった作業を坦々と行います。時間の融通も利きやすく、子育て中のママでも気軽に働くことができるでしょう。
しかも長時間勤務でなくとも、1時間からOKという求人も多いので、自分の好きな時間に働きたい、家族の時間の都合に合わせて働きたいという人にもぴったりです。

コールセンター

通販やサポートセンターなどの電話対応を行うお仕事。軽作業スタッフと同様、決められた業務を複数人で進める業務が大半なので、比較的勤務時間の融通も利くところが多いです。
電話応対の方法などの研修も受けられるので、コールセンター以外でも役立つ、電話応対のスキルをしっかりと身につけることができます。

スーパー・百貨店の店員

スーパーや百貨店の売り場で働くスタッフも、シフト制で融通が利くところが多いです。品出し、陳列、発注など作業の種類は多いですが、やりがいを感じながら働けます。
スタッフには同様の子育て中のママが多いので、他の人と交流もできるでしょう。

レストラン・カフェの店員

シフト勤務で働くレストランやカフェの店員も、ママにとっては働きやすい職場です。お料理や盛り付けの勉強にもなりますよね。ランチタイムのみ、ティータイムのみ、など募集の形態もさまざまなので、自分が働きたい時間の求人を出しているところを探しましょう。
食べることやスイーツなどが好きな人にとっても、楽しい職場になるかもしれません。

仕事先を選ぶときのポイント

では、実際に育休などを経て仕事を探す際、どんなことに気を付けて職場を選べば良いのでしょうか。ここでは子育て中のママが仕事先を選ぶときのポイントについて解説します。

職場が自宅の近くにあるか

子どもの送り迎えのことを考えても、できれば自宅の近くで働きたいですよね。通勤時間の節約にもなります。

家で留守番している子どもに何かあったときにすぐ駆けつけられるなど、万が一の事態に備えて、できるだけ自宅に近い職場を選びましょう。

子育てに理解のある職場か

子どもは急に体調を崩しがちで、どうしても仕事を抜けなければならないこともあるでしょう。そのために、時間の融通が利くかどうかは仕事選びで最も考慮したい項目です。

保育園からのとっさの連絡でも早退できるかどうかを確認しておきましょう。また、子どもが病気になったときにどの程度欠勤ができるかどうかも合わせて確認したいですね。

同じような子育てママがたくさん働いている職場なら、子育てに理解がある職場であるといえます。そういった職場は、シフトの交代などでお互いに助け合ってこなしているので、職場の雰囲気も良いはず。長く働ける雰囲気の良い職場を選びましょう。

子育てと仕事を両立させるためのコツは?

せっかく仕事を見つけても、長続きしなければ意味がありません。ここでは子育てと仕事を両立させるためのコツをご紹介します。

家事はほどほどにする

子育てママには頑張り屋の人が多いです。しかし、仕事も家事も育児も全部完璧にこなそうとすると、あっという間にパンクしてしまいます。毎日行っていた家事を週何回かに減らしたり、お母さんやお義母さんなどに協力を依頼したりなど、できるだけママへの負担を軽減できるようにしましょう。金銭的な余裕が少しでもあるママさんは、便利な家電の活用や家事代行への依頼も視野に入れてみてください。

また、子育て中に働くのなら夫のサポートが不可欠。家計を助けるために働くので、夫にも理解してもらって、子育てや家事に協力してもらいましょう。一人であれもこれもやろうとするのではなく、夫と相談しながら分担して家事や育児を行うのがベストです。

他にも、預かりサービスや学童保育など、ワーママ向けの地域サポートを活用するのもひとつの方法。共働き世帯の増加によって、地域全体で子育てをサポートしようとする動きが活発化しています。

自分の地域にどんなサポート体制が用意されているのか確認し、それらを上手に活用することも子育てと仕事を両立させるためのコツなのです。

ライフスタイルに合わせて仕事をする

最初から無理をするのではなく、自分にぴったりの雇用形態を探しましょう。フルタイムで働くかパートで働くかなど、自分への負担が大きくならないように調整して職場を決めましょう。

たとえ時給が良くても、子育てに理解がない会社だと続けるのが大変で、自分の健康や精神に支障をきたしてしまう恐れもあります。時給の良さよりも、時間に融通が利くかどうか、自宅から近いかどうかなど、自分のライフスタイルに合わせた選択が大切です。

また、仕事のしやすさだけでなく、子どもとの時間も大切にすること。この子のためにがんばろう!と思えば仕事への活力も湧いてきますよね。

生活のために働くというのは大前提ですが、自分が自分らしく無理なく働くことができる職場が必ずあるはずなので、自分や家族の生活を優先できる勤務スタイルを探してみましょう。

まとめ

さて、今回は子育てママにおすすめの仕事についてご紹介しました。家事に育児に忙しい子育てママは、とにかく自宅に近くて時間の融通が利く職場がいちばん働きやすいはず。無理なく、そして楽しく働くことができるかどうかをよく検討しながら、子どもや自分の生活スタイルを優先して仕事を探しましょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop