アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


転職・派遣求人TOP >  >   > 【人間関係など】バイトがうまくいかないときの対処方法

【人間関係など】バイトがうまくいかないときの対処方法

  • シェア:

どんな職種でも、社員やバイト仲間とコミュニケーションをとる機会があります。
業務を効率よく進めるためにも、人間関係は良くしておきたいですが、苦手に思っている人もいるでしょう。

しかし、人間関係ができていないまま、悪いまま働いても良いことはありません。
改善するには、良好な人間関係を築くことができない原因や対策方法を知っておくことがおすすめです。
人間関係について、以下の4つを確認しておきましょう。

・うまくいかない原因
・改善方法
・良好に保つ方法
・ツライときの対処法

人間関係がうまくいかない原因

人間関係がうまくいっていない人は、その原因に気が付いていない場合もあります。
コミュニケーションがうまくいかない理由には、大きく分けて以下の2つの原因が考えられます。

・自分側にある原因
・相手側にある原因

どのような原因があるのか、それぞれチェックしておきましょう。

自分側にある原因

自分に原因がある場合、自己中心的で相手を思いやれなくなっている可能性があります。
具体的に考えられる理由として「自分が嫌い(悲観的)・苦手意識が強い・人の話を聞かない・心を開けない」などが考えられるでしょう。
そのような状態だと、以下のような行動に繋がってしまう可能性があります。

・ネガティブになり、心に余裕がなくなる
・相手の顔色や言動をうかがう
・人付き合いに消極的になる
・自分の考えに固執し、コミュニケーションが成り立たなくなる
・コミュニケーションが建前になってしまい、表面的な付き合いしかできなくなる

相手側にある原因とは

「自分側にある原因」同様に、相手側にも似たような理由が当てはまります。
コミュニケーションの問題は複雑なものなので、自分だけに原因があるとは限りません。

原因が「自分側」にあったとしても、「相手側」にあったとしても、関係の改善を図るのであれば自分のコミュニケーションスキルを向上させることが重要となります。
原因が相手にある場合でも、自分側のコミュニケーションスキルを向上させることで、人間関係を円滑にすることができるでしょう。

人間関係を改善するための方法

改善策として、「原因を改善する」「コミュニケーションスキルを使用する」の2つがあります。

原因を改善する

・自分を好きになる(肯定的)
ポジティブに物事を考えることで、相手の良いところも見えてくるようになるでしょう。
肯定的な意見は人をひきつけ、良好な人間関係を作れるようになります。
人は承認欲求という、「褒められたい」「認められたい」と思う感情があるのです。
相手にとってもポジティブな意見や言葉を話す機会が増えることで、話し相手に好感を持ってもらえるようになるでしょう。

・苦手意識をなくす
人間関係に苦手意識をもっていては、コミュニケーションのきっかけを逃すようになってしまうでしょう。
「苦手意識」を言い訳にしていると、よりコミュニケーションが苦手になっていくという悪循環がおこってしまいます。

「前は偶然うまくいかなかった」位の軽い気持ちで、ポジティブにコミュニケーションの回数を重ねていくことが大切です。

・人の話に耳を傾ける
良質な人間関係を築くには、自分が話すより、相手の話を聞く方が重要です。
「話を良く聞いてくれる」ことは、相手の承認欲求を刺激します。
そのためにはまず「相手を認める」ことが重要。
コミュニケーションをとるときは、自分本位にならず、相手の話を積極的に聞くようにしましょう。

・心を開く
心を開いてプライベートな話をしたりすることは、相手の信頼を獲得することに繋がります。
挨拶や当たり障りのない世間話はコミュニケーションのきっかけにはなりますが、それだけでは良好な人間関係を作るのは難しいです。
自分ができる範囲で、相手との距離が縮まる話をして、信頼関係を深めましょう。

コミュニケーションスキルを使用する

コミュニケーションスキルは、人間関係を円滑に回すための技術であり、コミュニケーションが苦手な方でも身に付けることができます。
たとえば、笑顔は相手に良い印象を与えるといわれています。
作り笑いでも効果があると考えられており、常日頃から笑顔でいることを心がけているだけで、徐々に相手とコミュニケーションがとれるようになるでしょう。
また、相手を褒めるなど肯定的な感情を伝えることも大切です。

人間関係を良好に保つ方法

人間関係を改善するには、原因を特定することや、コミュニケーションスキルを使えばいいですが、一時的なものでは意味がありません。
長期的に人間関係を保つための方法を理解しておきましょう。

コミュニケーションの総量を増やす

人間関係を良好にするには、コミュニケーションの機会を増やすことが大切です。
コミュニケーションが不足すると、関係が疎遠になってしまいます。
コミュニケーションは挨拶に始まり、仕事中の会話、プライベートの付き合いなどで深めることができます。
率先してコミュニケーションの時間をとることで、良好な人間関係を保つことができるでしょう。

男性と女性の違いを知っておく

一緒に働く人の男女の違いで、人間関係のルールを使い分けるのもいいでしょう。
男女で尊重するものは、以下の違いがあります。

・男性…縦の関係
・女性…横の関係

男性は上下関係(上司や先輩、後輩など…)を尊重する特徴があります。
少しずつ上下関係が少なく、個性や能力を重視した仕事環境も定着していっていますが、立場や肩書などを尊重することを覚えておくと、コミュニケーションをとりやすくなるでしょう。

女性は男性と違い、横の繋がりを大切にします。
役職に関係なく、影響力のある存在を中心に集団が動くのです。
適度な距離感を保ちながら、会話をして協調性を大切にして良好な関係を作れば、人間関係を保ちやすいでしょう。

人間関係がうまくいかずツライときの対処法

仕事を続けるためにできること

ツライと感じたときは、上司やバイト仲間、家族などに相談してみましょう。
規模の大きい会社なら、人事部に相談するのも一つの方法です。
全ての人と良好な人間関係を保つのは難しいことです。
ある程度仕事と割り切り、上手に付き合っていくことも大切です。

「辞める」のは逃げなのか

人間関係が悪くなる原因に、相手による嫌がらせ(ハラスメントなど)も考えられます。
もしハラスメントを受けた場合、人間関係を改善するのは難しいでしょう。
自分が嫌な思いをして、すぐに問題を解決できないときはアルバイトを辞めるのも選択肢の一つです。

人間関係で受けたストレスを放置しておくと、うつ病などの精神疾患が発症する可能性があります。
バイト先で人間関係の改善が難しいと感じれば、今のバイト先を辞めて、他のアルバイトを探しましょう。

参考:トラブルなしでアルバイトを辞める手順

まとめ

快適に働くためには、一緒に働く従業員と良好な関係を維持することが重要です。
うまくいっていない人間関係を自分で修復することができれば、積極的に改善していくことをおすすめします。
とはいえ、何もかも自分で抱え込む必要はありません。
周りの協力を仰ぐこともできますし、最後は辞めるという選択肢もあることを覚えておきましょう。

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2018 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop