アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin


転職・派遣求人TOP >  >   > アルバイトで所得税が課税されるのはいくらから?

アルバイトで所得税が課税されるのはいくらから?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

  • シェア:

所得税は、アルバイトには関係ないと考えていませんか?しかしアルバイトでも、多くの場合で源泉徴収がされていることでしょう。この源泉徴収こそ、所得税です。アルバイトでも、一定の条件が揃えば所得税を払う義務が出てくるのです。

所得税の仕組みを知っておくと、せっかく働いたのに所得税で損をした気分にならずに済むはずです。所得税の正しい知識を得て、なるべく得する働き方をしていきましょう。

1. アルバイトで所得税がかかるケース

所得税は、働いて得た全てのお金にかかってくるものではありません。所得控除と言って、控除される金額があるのです。まず知っておきたいのが、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円です。この2つを足して、年間で103万円までの所得に対しては所得税が免除されます。

そのためアルバイトで所得税がかかるのは、基本的に年収103万円を超える収入があった場合となります。これは、その人の全所得を合計したものが対象となります。つまり複数個所で勤務していて、それぞれの年収が103万円以下であったとしても、合計して年収103万円以上となれば課税所得の対象となるのです。

所得税は給与所得を得ている全ての人が対象となるものなので、毎年年収はしっかりと確認しておく必要があります。

これに加え、勤労学生控除というものがあります。これは、高校や大学などに通いながら勤労している場合に適応される控除です。この控除を受けると、さらに27万円の所得控除が受けられます。すると、全部で年収130万円までは所得税がかからないということになるのです。
⇒関連記事:沢山バイトする学生は注意!103万円の壁と勤労学生控除申請

2. 源泉徴収とは?

源泉徴収とは、毎月の給与から天引きされている所得税のことを言います。本来所得税は、1年間の所得に応じた金額を納める税金です。しかし1年間の所得税をまとめて支払うとなると、一度に大きな出費が生じるになってしまいます。そこで一般的な企業では、毎月の給与から所得税を概算して、予め徴収しているのです。これが、源泉徴収です。

月々の給与に計算すると、本来は8万8千円以上の給与を得た場合に所得税が発生します。そうは言っても、特にアルバイトの場合は月々に得る給与にもバラつきがあるものです。ある月は5万円のみの給与でも、ある月は10万円以上の給与となることもあるのです。こうした給与のバラつきがあることも考慮し、月々所得税が天引きされているのです。

3. 所得税の計算方法

では、所得税はどの様に計算すれば良いのでしょうか。所得税の計算においては、まず自分の年収を知ることが欠かせません。年収を確認し、その上で先述した給与所得控除と基礎控除を計算してみましょう。

例えば120万円の年収だった場合は、120万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円=17万円となります。こうして控除額を差し引いた金額に、所得税はかかってくるのです。所得税は、年収195万円以下の場合税率が5%として計算されます。そのため17万円×5%=8500円が実際に支払うべき所得税となるのです。ちなみに勤労学生控除を受けている場合には更に27万円の控除が可能なので、この場合は課税対象の所得は0となります。

この所得税、収入が多くなればなるほど税率が上がってきます。195万円以下は5%で195万円超330万円以下で10%となっています。こうして4千万円以上の年収ともなると、45%もの所得税がかかってくるようになるのです。

4. 所得税と年末調整、確定申告

所得税は、月収を基準として源泉徴収されるのが基本です。しかし月収で徴収される金額は、あくまでも概算による金額です。年収ベースで計算される所得税としては、必ずしも正しく徴収されているとは限りません。そこで年末調整や確定申告によって、正しい所得税を計算し直す必要があるのです。

年末調整とは企業が年末に所得税を計算し直し、調整してくれるものです。それに対して確定申告は、納税者が自分で申告をして所得税の調整を行うものです。これらの手続きによって払い過ぎた所得税は還付され、不足している分は追加で支払っていくのです。

年収103万円を超えない場合には、基本的に所得税は戻ってくる可能性が高くなります。企業で年末調整をしてもらっていない場合は、確定申告で正しく所得税を申告していきましょう。

まとめ

所得税は、働いて稼いだ全ての金額にかかってくるものではありません。また特にアルバイトの場合は、年末調整や確定申告によって正しい所得税の金額を計算し直す必要があります。こうした手続きをしないと、所得税を払い過ぎたままとなってしまうこともあります。

毎月の給与にバラつきが出てくるアルバイトの場合、年収に注意して所得税を正しく理解することが大切なのです。そして所得税が課税されるケースをしっかりと理解し、年末調整や確定申告の手続きに備えていきましょう。

  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2018 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop