アルバイト・転職・派遣のためになる情報をお届け!お仕事探しマニュアル by Workin

転職・派遣求人TOP > お仕事探しマニュアル  > アルバイトでマイナンバー提出は不要?拒否できる?

アルバイトでマイナンバー提出は不要?拒否できる?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • シェア:

いよいよ本格運用がスタートしたマイナンバー制度。
正社員だけでなくアルバイトやパートなど、働くすべての人に勤務先への番号の提出が求められることをご存じでしょうか。

マイナンバーを提出することで、自分の個人情報が漏洩するのではないかと不安に思う方もいるでしょう。
マイナンバーを提出することは義務なのでしょうか?
また、マイナンバーの提出を拒否するとどうなるのでしょうか?

今回は、アルバイトをする際のマイナンバー提出についてご説明します。
なぜマイナンバーの提出が求められるのか、どのような目的で利用されるのかなどを理解し、不安や疑問の解決にぜひ役立ててください。

マイナンバーの提出はアルバイトでも必須?

法定調書へのマイナンバー記載は義務

バイト先の会社は個人事業者であっても、働いている人のマイナンバーを取得する必要があります。
給与所得の源泉徴収票や金銭の支払い等に係る法定調書にマイナンバーを記載して行政機関に提出することが、法律(国税通則法、所得税法等)で義務付けられているからです。
参考:法定調書に関するFAQ|社会保障・税番号制度<マイナンバー>について|国税庁

法律を守るために、会社はマイナンバーの提出があるまで、何度も提出を求めてくるしょう。
マイナンバーを提出しないとバイト先の会社に手間をかけさせることになるのです。

マイナンバーの提出は拒否しても罰則はないが・・・

マイナンバーの提出は法律で定められた義務ですが、実は提出を拒否しても罰せられることはありません。
また、雇い主は従業員がマイナンバーの提出を拒否されたからという理由で解雇したり、給料を減額したりするなどの不利益を押し付けることもできません。

「それなら、提出しなくてもいいのでは?」と考える方もいるでしょう。
しかし、マイナンバーを提出しないことによるデメリットがあるのです。

提出拒否されると会社側が困る理由

マイナンバーが取得できなければ、バイト先の会社は行政への提出書類作成がスムーズに進まなくなるため、提出拒否する人を面倒だと感じるでしょう。
会社は書類への番号記載義務がある以上、従業員へ何度もお願いしてマイナンバーを提出してもらう努力をしなければなりません。
会社は提出を拒否されてマイナンバーを書類に記載できなかった経緯を行政へ報告し、単なる義務違反ではなく、義務を果たす努力をしたことを説明しなければならないのです。

バイト先との信頼関係を損なう可能性がある

会社は提出を拒否されたことで、自分たちが信用されていないと考える可能性があります。
「何か隠したいことがあるから、マイナンバーを提出できないのでは?」と疑う可能性もあります。
信頼関係が築けないことで、バイト先での居心地が悪くなることも考えられます。

マイナンバーを悪用される心配は低い!極力、提出は拒否しないほうがいい

マイナンバーを提出するのを嫌がる理由の多くは、『個人情報の流出』や『なりすまし』など、番号を悪用されるのではないかという不安ではないでしょうか?

しかし、実際には様々な安全対策が取られていますので、悪用される危険性はそれほど高くありません。

安全のための本人確認が徹底されている

会社はマイナンバーを従業員から取得する際、提出された番号が本人のものであるか厳しく確認することが求められています。
具体的には以下のいずれかの確認方法が取られます。

? マイナンバーカード(番号確認と身元確認)
? 通知カード(番号確認)と運転免許証など(身元確認)
? マイナンバーの記載された住民票の写しなど(番号確認)と運転免許証など(身元確認)
(4)民間事業者における取扱いに関する質問 : 内閣府番号制度担当室 – 内閣府 より引用

提出したマイナンバーの使用目的

マイナンバーの使用は社会保障、税、災害対策の3分野に限られています。
マイナンバーの提出を受けた会社はこれ以外の目的でマイナンバーを利用することはできません。

バイト先がマイナンバーを取得する目的は行政機関へ提出する法定調書作成のためです。

【会社がマイナンバーを使用する主な書類】
・給与所得の源泉徴収票
・社会保険の被保険者資格取得届

マイナンバーを悪用したら重い罰則が科せられる

マイナンバー提出先の会社が、従業員から取得した個人番号を不正に利用した場合、懲役刑を含む非常に重い刑事罰を受けることになります。
たとえ罰金刑のみであっても前科がつき、会社は信用を失う事態となります。

【マイナンバー法の法定刑】
・個人番号(マイナンバー)を利用する事務職員が、正当な理由なく個人の秘密が記録された個人情報を提供した場合、4年以下の懲役または200万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。

・個人番号(マイナンバー)を利用する事務職員が、取得したマイナンバーを自己や第三者の不正な利益を図る目的で使用した場合、3年以下の懲役または150万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。

参考:内閣府データ

マイナンバーの提出のポイントや注意点

マイナンバーカードがなくても大丈夫?

マイナンバーカードがなくてもバイト先へのマイナンバーの提出は可能です。
しかし、スムーズに提出を行うためにも通知カードだけではなくマイナンバーカードは作っておいたほうが便利でしょう。
また、マイナンバーカードがあれば、自治体によっては住民票の写しや印鑑証明書をコンビニエンスストアから自動交付できるサービスが利用できるようになります。
転職活動の際にはとても便利ですので、その点からも作成をお勧めします。

マイナンバーの提出方法

郵送の場合紛失の危険性があるので、可能であれば対面での提出が望ましいでしょう。

【提出方法のパターン】
1)マイナンバーカード(カードなら単体でOK)
2)『通知カード』または『マイナンバーが記載された住民票』+顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

まとめ

・マイナンバーの提出を拒否しても罰則はない
・よほどの事情がなければ、マイナンバーは提出したほうがいい
・会社は取得したマイナンバーを悪用すると重い刑事罰を受ける
・マイナンバーが悪用される確率は低い
・マイナンバーカードは作っておいたほうが今後バイトする上で便利

マイナンバーから得られる情報、マイナンバーの利用目的、適切に利用されなかった場合の罰則などを理解しておくことで、アルバイト先へマイナンバーを提出する不安が少し和らいだのではないでしょうか。

マイナンバーを提出しないという選択肢もありますが、バイト先で気持ちよく働くためにも、マイナンバーは提出したほうがいいでしょう。

アルバイトも、転職も、派遣も!あなたの街のWorkinでお仕事検索
×
検 索 ワーペンとペン子
  • Workin編集部
  • Workin編集部
  • シェア:

全国の地域から探す 東北・北海道 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県 北海道
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 山梨県
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
東海 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
関西 大阪府 和歌山県 京都府 滋賀県 兵庫県 奈良県
中国 広島県 岡山県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

Copyright (c) 2019 Kosaido Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetop