求人広告の注意点とは?~最低賃金編~

minimum-wage

Q. 青森県で飲食店を3店舗経営しています。来月福島県、宮城県で新店をオープンさせるので、求人広告を出したいと考えています。青森県で使っているものをそのまま利用できますか?

A. 同一職種・業界であっても、必ずしも同じ求人原稿を使えるわけではありません。違う都道府県で採用活動を行う場合には、最低賃金について注意が必要です。

労働基準法は第1条で「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすものでなければならない。」という理念をかかげさまざまな条件を定めています。賃金に関しては、更に原則として下回ることが許されない下限賃金を都道府県毎に定めています。これを一般的に「最低賃金」と呼んでいます。これまで利用していた求人原稿を転載すると、他都道府県では最低賃金を下回ってしまうことも考えられます。

異なる都道府県で採用活動を行う場合以外にも、以下2つのケースは注意が必要です

[試用期間中について]

試の使用期間(いわゆる試用期間)であっても、原則として「最低賃金」を守らなくてはなりません。例外として、業種や職種の実情等からみて、最低賃金を減額する相当の理由がある場合に限り、減額の特例が適用できます。ただし、最低賃金額の20%以内であること、また期間は最長で採用から6ヶ月以内であること、ならびに都道府県労働局長の許可が必要となります。
求人広告での基本的な給与額は正しいものに直しても、試用期間中の給与額が最低賃金額を下回っていたというケースはよく見られますので、注意しておきたいところです。

[最低賃金の発効日は異なる]

最低賃金額は毎年10~11月に改定されていますが、その発効日は都道府県毎に異なります。他県で募集する場合や、複数の都道府県にまたがって募集する場合などは、この時期に注意です。下記に平成30年度の都道府県別の最低賃金額および発効日を記載しています。

都道府県名時間額(円)効力発生日
北海道835円2018年10月1日
青森762円2018年10月4日
岩手762円2018年10月1日
宮城798円2018年10月1日
秋田762円2018年10月1日
山形763円2018年10月1日
福島772円2018年10月1日
茨城822円2018年10月1日
栃木826円2018年10月1日
群馬809円2018年10月6日
埼玉898円2018年10月1日
千葉895円2018年10月1日
東京985円2018年10月1日
神奈川983円2018年10月1日
新潟803円2018年10月1日
富山821円2018年10月1日
石川806円2018年10月1日
福井803円2018年10月1日
山梨810円2018年10月3日
長野821円2018年10月1日
岐阜825円2018年10月1日
静岡858円2018年10月3日
愛知898円2018年10月1日
三重846円2018年10月1日
滋賀839円2018年10月1日
京都882円2018年10月1日
大阪936円2018年10月1日
兵庫871円2018年10月1日
奈良811円2018年10月4日
和歌山803円2018年10月1日
鳥取762円2018年10月4日
島根764円2018年10月1日
岡山807円2018年10月1日
広島844円2018年10月1日
山口802円2018年10月1日
徳島766円2018年10月1日
香川792円2018年10月1日
愛媛764円2018年10月1日
高知762円2018年10月5日
福岡814円2018年10月1日
佐賀762円2018年10月4日
長崎762円2018年10月6日
熊本762円2018年10月1日
大分762円2018年10月1日
宮崎762円2018年10月5日
鹿児島761円2018年10月1日
沖縄762円2018年10月3日